tatehito's diary

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遊びたいのだが。

遊ぶように遊び、遊ぶように働き、遊ぶように生きたい。

やりたいこと探しをやめることがやりたいことを見つける一番の近道

雑記

f:id:tatehito-st:20170328004617j:plain

いつからだろうか、オレは何がしたいんだろう、と考える日々が続いている。何がきっかけでそうなったのかははっきり覚えていない。
 
 
いま思い返してみると、「自分は仕事ができないんだ」って気づいたときからかもしれない。
 
 
そのころのオレは、チームの先輩から干されていた
たぶん、周りからは干されているようには見えなかったと思うが、干されていた。オレのスキル不足が招いたことであるのは間違いない。まあ仕事ができない奴だったと思うし、熱意もなかったように思う。そんなオレを見かねたのだろう、先輩は俺に助言することも、怒ることもなくなった。
 
 
自分なりに、なんとかしようと思った。
仕事のスキル向上をすることが直接的な解決方法だったんだろうが、オレには仕事に対する熱意がなかった。オレがやったのは、プログラミングのスキルアップや、業務知識を習得しようとするのではなく、ひたすら自己啓発本を読み漁ることだった。本だけでなく、自己啓発の関連ワードでWEBを検索し、同じような境遇の記事や、克服した人の記事を読みまくった。
 
 
その結果、自己啓発本を読むことが癖になり、自己啓発に逃げ込むようになってしまった自己啓発本は有効であると思うが、あくまでヒントやキッカケを与えてくれるものにすぎない。自分で行動し、実践しなくてはなにも変わらないのだ。それに気づかず、オレは、自己啓発本を精神安定剤として使っていたのだった。
 
 
自己啓発本を読みまくっていると、いつしか「やりたいこと」を持っている人が、幸せな人だと思うようになった。やりたいことに向かって突き進むんだ。そのためにはいまを1秒も無駄にできない。すぐにでもやりたいことを見つけなければ。そう思っていた。
 
 
そして今。やりたいことは見つからず、なにか足りないと思い続ける日々。なんやかんやこの期間で結婚もした。好きな人と毎日一緒に居れて、幸せだ。
でも、なにかが違う・・・
 
 
この違和感は、やりたいことがないから、感じているものだと思っていた。しかしふと思った。「やりたいことを探している」から、この違和感が消えず、幸せになれないんじゃないか?
 
 
もちろんやりたいことがある人は幸せである。それは間違いない。でもそういう人って、やりたいこと探したのかな?いま、楽しいと思えることだったり、やらないといけないと思ったことを続けていた結果、それがやりたいことになったんじゃないか。
 
 
「いま楽しいと思えること」って本読んで見つかることじゃないよね。
 
 
自分を変えるには、やりたいことを探すことをやめるこれがやりたいことを見つける一番の近道じゃないか。矛盾してるけど、そういうことなんじゃないか。
 

”いま”やりたいことって何?

雑記

f:id:tatehito-st:20170326205352j:plain

「いまやりたいこと」「いまに集中する」ってどういうことなんだろう。
 
いま、俺はスマホゲームがしたい。
時間限定の降臨ダンジョンが開催されるからだ。このダンジョンは1時間限定で、これを逃すとまた一日待たねばならない。では、俺が最も注力すべきことであり、やりたいことは「スマホゲーム」なのか?
 
 
なんか違う。
「やりたいことはなんですか?」と聞かれて、「スマホゲームです」って答えたくない。なんか納得できない。でも、いまなにがしたいかと言われれば、「スマホゲーム」なんだ。
 
 
俺は「純粋にやりたいこと」を探しているのではなく、「成果が見込めるもの」を無意識に 探してしまっているのではないだろうか?
 
話は変わるが、「いま」という言葉をどう解釈すればいいのか。
たとえば「投資で1000万稼ぎたい!」という「やりたいこと」は「いま」やりたいことなのか?いますぐに1000万円稼ぐことは不可能だし、そもそも、いますぐやれることではない。(もちろん、それに向けて動き出すことはできる。)「いま」ってどこからどこまでの範囲を指すのだろう。
 
 
もし「いまこの瞬間」を指すのであれば、俺は目先の欲求にしか目が向かない
ゲームしたいとか、寝たい、食べたいとか。努力をしなければ達成できないようなことを、いまこの瞬間やりたい!と答えることは、たぶんない。
これって俺だけ?
 
 
ここまで考えてみて、俺が”探している”やりたいことには、この方程式が存在することがわかった。
”やりたいこと=成果が見込めること=努力が必要でいますぐに達成できないこと”
 
 
しかし、「いますぐに達成できないこと」をやりたいとは思えない。だからやりたいことが見つからない。投資の例は少し大げさであったが、「箱根の旅館に泊まって温泉につかりたい」ですらやりたいと思えない。温泉は好きだ。行けるなら行きたい。でも今行きたい(やりたい)かって言われたら、ちがう。なんの準備も必要なく、明日のことを考えなくてもいいなら、「行っても」いいかな、って思うくらい。
 
 
「いまやりたいこと」をやりなさい、というのなら、俺はその場その場の欲求を満たすだけの人生を送ることになるだろう。寝て、おなかがすいたら食べて、ゴロゴロしてテレビみて・・・
 
 
そんな人生が充実しているはずがない。ないんだけど・・・いますぐ箱根に行きたい!と思わないのならば、やっぱりさほどやりたくないことなんだろう。
 
 
とりあえず・・・

今日はスマホゲームやって寝るとするかなあ。

 

プロポーズから2か月で入籍 第2話(早く結婚したい人は同棲する前に入籍したほうがいいよ)

結婚日記
f:id:tatehito-st:20170311175035j:plain
※このシリーズについて
自分向けの日記としてぼくの入籍話を綴ります。特殊な経験でもないですが、誰かの参考になれば嬉しい。
 
【第1話】プレッシャーをかけるべし!
【第2話】イマココ  
  
今回は第2話。
 
12月に入ると、仕事のトラブルが落ち着いてきて徐々にメンタルが回復しました。10月からぶっ壊れてたメンタルが回復し、よしプロポーズどうやってやってやろうと考えることができるようになってきたときです。
 
 
年明けに向こうの両親に挨拶することが半ば強制的に決定。
 
 
おいおいまじか。まじかおいおい。
 
 
彼女(今の嫁)に
 
「挨拶するからには、それなりの報告しないとね〜」
 
なんてことも言われ。ここまで我慢してくれてたプレッシャーを解放したようです。まあ、プロポーズするつもりだったからいいか...
 

引っ越すことに

話は変わり、当時住んでいた家を1月末までに退去しないといけないことに。訳あってその家は会社名義で、寮扱いだったんですよね。入寮期限が切れることをすっかり忘れていました。選択肢は二択。
 
 
①会社から自分に名義変更する
②引っ越す
 
 
名義変更にどのくらい費用がかかるのか聞いて見たところ
 

20万円です

たけえ。

 
引っ越すことにしました。
結婚したら一緒に住むんだから、もう広い家に引っ越すか?と相談したら
 
 
「いいけど、一緒に住む前に入籍したい」
 
 
おっと!?まじか!!そーなるか!
まあ、プロポーズするつもりだったからいいか(2回目)
 
 
ちなみに、先に入籍したい理由は同棲してしまうと、入籍がズルズル先延ばしになってしまうのが嫌だということ。流されるのが得意なぼくとしては、たしかに、先に入籍したほうがいいと納得したのでした。
 
 

これで結婚ほぼ確

そして新居をスーモやホームズで探し始めるぼくと彼女(嫁)。
あれ?結婚てこんな流されてしていいのか?と激流に流されながら無抵抗で考えるぼく。ズルズル入籍が遅れないのはいいけど、このままだとズルズルプロポーズせずに入籍になってしまうのでは?
 

f:id:tatehito-st:20170311175147j:plain

 
いままで、流され適当に生きてきたぼくはいつもなら
 
 
「なんかよくわかんないけどいつの間にか結婚決まったしまあいっか」
 
 
くらいで済ませていたと思いますが今回ばかりはきちんと伝えねばならんとそんな気がした。こーいうかしこまった(?)イベントは昔から苦手でうまくやれる気がしなかったがとにかく決心。
 
 
しかしどうやってプロポーズするか...

12月だし、タイミングとしてはやはりクリスマスか?人前で派手にやるか?いや2人っきりの方がいいか?やはりサプライズは必須か?リア充的な人々がたまにやってるフラッシュモブか?自宅か?いや、指輪買っといてレストランで「パカッ 結婚してください」の定番パターンか?指輪たけえ。

 
 
第3話につづくぅ!!
 

『ナイツクロニクル』プレイ感想!全モード解放までやってみた【3/2リリース】

ゲーム

f:id:tatehito-st:20170308151602p:plain

  

以前、『セブンナイツ』というスマホゲームを友人たちとプレイしていたのですが、セブンナイツの運営会社である「Netmarble」から新作RPGがリリースされました。

その名も『ナイツクロニクル』。

 

仕事や家庭で自分の時間はあまりないのですが、セブンナイツ同様、高品質なグラフィックに惹かれ、思わずダウンロード。

 

「FFBE」もプレイ中なんですけどね・・・

【FFBE】FF7クラウドがでるまでリセマラしてみた【ヤケクソ】 - 遊びたいのだが。

 

時間ないなーとかいいつつ、これがめちゃ面白い。全モードが解放されるまで一気にプレイしちゃいました。 

 今回のエントリーは、ナイツクロニクルの魅力とプレイ感想を紹介します。

 

『ナイツクロニクル』ってどんなゲーム?

 

グラフィック、ゲームシステムすべての完成度が高いスマホRPG!

「Netmarble」という会社からリリースされたスマホゲームです。

Netmarbleの代表作は『セブンナイツ』というゲーム。ぼくもたくさん楽しませていただいています。本作品は、セブンナイツのゲームシステムを取り入れつつ、進化させたターン制バトルのRPGです。

 

プレイして受けた第一印象は、グラフィックがすごく綺麗!キャラクターはぬるぬる画面を動き、戦闘での演出もド派手なものになっています。

 

スマホゲームのストーリーモードって、なんとなくないがしろにされているような気がするんですが、みなさんどうでしょうか。ぼくもいままでプレイしたスマホゲームでは、重点を置くのはストーリーモードよりもキャラクターの強化・進化や対人戦でした。

そんなぼくでも、読み飛ばすことなくストーリーが楽しめています。そして、もちろんフルボイス。

 

そして肝心のバトル。

セブンナイツは完全オートバトルでしたが、本作品はターン性バトル。セブンナイツでもあった状態異常やバフ・デバフなどの要素を残しつつ、ターン制になったことでより戦略的になりました。特に、アリーナモード(対人戦)では行動順を意識することが重要になります。

ターン制ですが、オートモードにすることもできます。

 

【タイトル】ナイツクロニクル
【対応OS】iOS/Android
【配信日】2017/3/2
【ジャンル】ターン制RPG
【運営会社】Netmarble
【価格】基本無料
【公式サイト】http://knights.netmarble.jp/   

 

ナイツクロニクルこんなところが魅力的!

グラフィックが綺麗!ぬるぬる動く!スキル演出が派手!

f:id:tatehito-st:20170308151804p:plain

 こちらがナイツクロニクルのメニュー画面です。でっかく女の子が迎えてくれます。ぬるぬる動いてます。綺麗。

 

f:id:tatehito-st:20170308151802p:plain

女の子をタップするとコメントを返してくれます。ぐへへ。

こちらもフルボイス。

 

f:id:tatehito-st:20170308151757p:plain

f:id:tatehito-st:20170308151758p:plain

 続いて、こちらはバトルでのスキル演出です。

スマホゲームでこれだけのクオリティが出せるようになったんだなあ・・としみじみ。演出の尺は長く、周回プレイではストレスかも・・・と思いましたが、デフォルトで演出をスキップするよう設定することが可能です。

 

このグラフィックの良さは画像と文字では伝わらないので、ぜひプレイして確かめてください。

 

 ※こんなスキルも

f:id:tatehito-st:20170308151801p:plain

バトルの奥が深い!スキルと状態異常を使いこなせ!

セブンナイツでもそうでしたが、数多くの状態異常やスキル効果があるようです。一般的なRPGでは見かけない状態異常をご紹介。

 

<出血>

ターン経過毎にダメージを受けます。出血の状態が終了しない限り解除できません。

 

<中毒>

ターン経過毎に一定量のダメージを受けます。また、回復スキルを受けるとダメージを受けます。

 

<烙印>

受けるダメージが一定量増加します。

 

<追放>

一定ターンの間、対象を別次元に追放します。バフとデバフの効果が解除され自分も攻撃ができなくなります。

 

追放とは・・恐ろしや

あと、命中率、回避率というステータスがあり、結構な頻度で攻撃をよけられたのが印象的でした。演出の入るスキルですら避けられることがありました。

 

オートモードあり!「ながら」ゲームできる!

最近のスマホゲームでは一般的になりつつありますが、オートモードですね。ターン制になってもオートを導入してくれたのはありがたいです。いまも、ブログ書きながらオートで戦闘してもらってます。

 

全モード解放されるまで遊んでみた!!

ゲーム開始時は、アリーナやスペシャルダンジョンなどが解放されていません。

全モード解放されるまでプレイしてみました。

 

 チュートリアル~初ガチャまで

もはや常識ですが、開始してすぐにチュートリアルが始まります。チュートリアルの途中でガチャ1回引くことができます。

 

メニュー画面から初ガチャが引けるまでは約20分くらいだったかと思います。いまゲームを始めれば、200ダイヤもらうことができます。20ダイヤでガチャ1回。200ダイヤで10連+おまけ1回のガチャができます。

さらに10連は☆5キャラが確定で出る。(現在、☆6が最高ランク)

 

ということで、さっそく10連してみました。 

 

f:id:tatehito-st:20170308151754p:plain

 

・・・・。

えーと。人・・かな?

 

セブンナイツでは、人以外のキャラはゴミすべて弱キャラでした。納得いかなかったので、人がでるまでリセマラすることに。

 

f:id:tatehito-st:20170308151755p:plain

リセマラ4回目にして☆5の人キャラがでました。人キャラは出にくくなっている??

ちなみに、「白の騎士団」という肩書のついているキャラクターたちが当たりのようです。詳しくは攻略サイトさまを見てみてください。

 

ストーリーダンジョン

前述しましたが、ストーリーはすべてフルボイスです。とっつきやすい、面白いストーリーになっています。

 

各モードは、ストーリダンジョンをクリアすることで解放されます。

 

エリア2-1クリア:スペシャルダンジョン解放

エリア2-6クリア:アリーナ開放

 

ナイツクロニクルはスタミナ制ですが、ランク上昇時にスタミナが回復するので、ぶっ続けで2-6までクリアすることができます。強い助っ人を連れて行けば、キャラの強化も不要です。

 

タウン・ギルド

f:id:tatehito-st:20170308151800p:plain

タウンは、ランク7に到達すると解放されます。上の画像が、タウンです。

定期的にゴールドを回収できる鉱山や、アイテムをゲットできるルーレット、アイテムを購入できるショップといった施設があります。ランクが上昇すると、各施設をグレードアップすることができます。

 

『白猫プロジェクト』のように、自分で施設を配置するようなゲームもありますが、そういったカスタマイズ性は求めてないので、個人的にはこちらのほうが良いですね。

 

ギルドシステムもあります。ギルドに所属すると、攻撃力や防御力といったステータスにボーナスがつくようです。ランキング上位に入るには、強いギルドに入ることも重要になってきそうです。

 

スペシャルダンジョン(マルチプレイ)

 

f:id:tatehito-st:20170308151807p:plain

 スペシャルダンジョンでは、キャラクターの強化素材や、進化素材をゲットできます。現在は、イベントのポイント獲得ができるダンジョンも解放されています。

 

そして、スペシャルダンジョンはマルチプレイが可能!です。5人1パーティでダンジョンに挑みます。マルチプレイだと、ゲットできる素材の数が増えるといったボーナスがあります。上の画像はマルチプレイのパーティ選択画面ですね。

 

何回かマルチプレイをやってみましたが、参加しようとしてもすぐにパーティが満員になってしまい、なかなか参加ができませんでした。

 

それだけ人気ということですね・・(ポジティブ)

 

アリーナ

f:id:tatehito-st:20170308151806p:plain

最後に、アリーナモードです。セブンナイツ同様、メインのモードになる予感。ほかのプレイヤーのパーティと戦うモードです。一週間の成績によって、翌週もらえるダイヤなどの報酬量が決まります。

 

セブンナイツでは自動マッチングでしたが、ナイツクロニクルは選択方式です。といっても、自動的に選ばれたリストの中から、選択します。上記画像が選択画面です。

 

選択前に相手の「戦闘力」を確認することができ、勝てそうな相手もいれば、勝てそうにない相手もリストにいます。リストを更新するには、時間経過か、ダイヤ5こを消費する必要があります。

 

まとめ

何度も言いますが、グラフィックに本当に惹かれました。個人的には、オートだけだったセブンナイツより、面白い!まだリリース直後なので、これからの運営にも期待です。多くのスマホゲームをプレイしてきた方にも、おすすめできるゲームになっていると思います。

 

ぜひ、プレイしてみてください。

ダウンロードはこちらから。公式サイト

 

見出しの考え方、文章の書き方。難しい。

雑記

 

f:id:tatehito-st:20170307001436p:plain

 
記事書くときに見出しを考えると思うんですけど、ブロガーのみなさんは、どんな見出し(アウトライン)にするか、どういった流れで決めてるのかなあ。
 

見出しを先に考える

 
見出しを先に決めて、後から文章を書いていくスタイル。
 

メリット

 
記事全体の構成を決めてから文章が書ける。
 

デメリット

 
文章を書いている途中で、見出しの構成とズレてくることがある。
あとからこの見出しおかしくね?と気付く。
 

見出しを後に考える

 
一気に文章を書き殴り、後から見出しをつけるスタイル。
 

メリット

 
思いの丈を書き殴りたいときは構成に縛られずに書ける。
 

デメリット

 
構成が決まってないから何を書くか整理できない。
書き殴ってるうちに本題から逸れた別の話題を書きたくなる。
 

まとめ?

 
どちらもいい面があって、ぼくの文章力が足りてないだけですね。
見出しおかしくね?と気づいたら、その時点で修正すればいいし、本題から逸れた話題を書いたとしても、見出しを付けるときに取捨選択すればいい。
 
 
むしろ問題点は、ふたつのスタイルが混同してしまっていることのように思いました。
 
 
見出しを後から付けるつもりで書いているのに、途中で無意識に構成を考えちゃっているとか...
 
 
他のブロガーさんの記事を読んで勉強しよ。。。
 
 

結婚式前に大阪への異動辞令が発動。辞令は、断れない。

雑記 働き方

f:id:tatehito-st:20170307000323p:plain

はじめて、異動の辞令が出た。
 
辞令は、断れない。
受けるか、会社を辞めるしかない。
 
そんなときに感じたこと。
 

ヤバさしかない

 
詳しいことはまだ知りませんが、行く先は社内でも超大型プロジェクト。
とにかく忙しいというウワサだけは聞いている。
 
中には朝まで働いている人もいるとか、、、

というか、ぼくが付くことになる上司が朝まで働いてるらしい。ヤバイ匂いしかしない。

 

めちゃ急

 
「配属は3月から少しずつね」
「1ヶ月もしくは2ヶ月、大阪に行ってもらう」
「プロジェクト終わりは来年6月」
 
 
え?3月て今月ですけど?
しかも大阪?少しずつってなに?
 
 
先月結婚したばかりで、7月に挙式予定。
そんなときに大阪?
2ヶ月て言ってるけど、そんなヤバさMAXプロジェクトで本当に2ヶ月で帰ってこれんの?
 
今年は新婚旅行も行きたいんですけど...
 
 

辞令は、断れない。断るなら、辞めるしかない。

 
会社としては、人手が足りない。
だから異動になる。それはわかる。
 
でも
 
うーん
 
正直、行きたくない。
いまは、家のことと、自分のこと(ブログ)を優先したい。
 
 
行きたくないけど、行かなくちゃいけない。
 
 
行きたくもないところに、急に辞令が出る。
これは普通のことなんでしょうか?
 
 
異動したことないからわからん。
昔、おじいちゃんが1つの会社を辞めずに頑張ることが大切と言っていた。
 
 
そうなのか?
それがやりたいと思うことじゃなくても?
 
やりたいことができる会社ならいいけど、、
 
 
厳しい時代を超えてきた人には甘ったれとか言われるかもしれない。
 
 
でもなあ。。
 

稼ぐ力をつけないと

 
会社に所属する以上、従わなければいけないというなら、会社を辞めて、自分で稼がなければいけない。
 
 
会社以外で収入を得られるようになって、ああそうですか、じゃあ辞めます、なんてハッキリ言えるようになっとかないといけない。
 
 
でも、そんな忙しいプロジェクトに突っ込まれたら、そんな時間はないかもしれない。
けど、やらなくては。
 
 
危機感。
このままだと、やりたくないことを続けていく人生になってしまう。
 
 
 
そんなの嫌じゃ~。
 

kindle unlimited 登録して思ったこと。選択肢の多さは良いことばかりでもない

雑記

f:id:tatehito-st:20170304012352p:plain

 
kindle unlimitedってご存知ですか?
 
月額980円で電子書籍が読み放題になるサービスです。いまは30日無料キャンペーンやってるみたい。
 
読み放題といっても、すべての電子書籍が対象ではないようです。そりゃそーか。
 
1週間くらい前に登録して利用しているのですが、登録して思ったこと。
 

勧められても登録を渋ってた

 

ぼくはよく本を読みます。お金に余裕があればいくらでも読みたいんですが、財布と相談しつつ購入してました。
 
そんなに読むなら、kindle unlimited使えば?と奥さんに勧められたんですが、気が乗りませんでした。
 
kindle unlimited対象の本は多くなく、読みたいけど、読み放題の対象じゃないから読まない、みたいに、選択肢が狭まるのが嫌だったんですよね。
 

選択肢が狭まるのは悪いことばかりじゃない

 

で、結局登録したんですけど(笑)
 
登録して思ったのは、選択肢が狭まるのは良いことでもあるなと。
 
いまはネットで探せばあらゆる本が手に入ります。本だけじゃなく、あらゆる物が、あらゆるお店で。
 
そーするとなにをするかと言うと、いろんなお店を見比べ始め、もしかしたらもっと良い商品があるかもとか、安く売ってるかもしれないとかで時間かけて探しちゃう。
 
で、さんざん探した結果、100円安いものを見つけて購入。さて、その100円のためにどれだけの時間を費やしたんでしょう、、、
 

なぜ本屋に行くのか

 

この情報社会では、いかに選択肢を狭めるか、って結構重要なんじゃないかと思いました。
 
商品や価格の比較サイトが流行ってるのも、選択肢が多すぎるせいだと思います。
 
本屋によく行くのは、立ち読みがしたいからだけではない。
 
好きな本屋の書店員さんがどんな本を選んだかだったり、本屋の雰囲気を楽しみたいからです。
 
なので、物を買うときは出会いを大切にすればいいんじゃないでしょうか。
安いものをひたすら探して時間浪費するのは馬鹿馬鹿しい。
 

登録の決め手はたまたま読みたい本が対象になってたから

 

本の読み放題サービスから大袈裟なテーマで書いてしまいました。
 
ぼくがkindle unlimitedを登録することになったのは、奥さんに勧められ、たまたま読みたい本が読み放題対象になってたからです。
 
単純ですね。
 
でも、それでいい。
 
 
おしまい。