tatehito's diary

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遊びたいのだが。

遊ぶように遊び、遊ぶように働き、遊ぶように生きたい。

見出しの考え方、文章の書き方。難しい。

雑記

 

f:id:tatehito-st:20170307001436p:plain

 
記事書くときに見出しを考えると思うんですけど、ブロガーのみなさんは、どんな見出し(アウトライン)にするか、どういった流れで決めてるのかなあ。
 

見出しを先に考える

 
見出しを先に決めて、後から文章を書いていくスタイル。
 

メリット

 
記事全体の構成を決めてから文章が書ける。
 

デメリット

 
文章を書いている途中で、見出しの構成とズレてくることがある。
あとからこの見出しおかしくね?と気付く。
 

見出しを後に考える

 
一気に文章を書き殴り、後から見出しをつけるスタイル。
 

メリット

 
思いの丈を書き殴りたいときは構成に縛られずに書ける。
 

デメリット

 
構成が決まってないから何を書くか整理できない。
書き殴ってるうちに本題から逸れた別の話題を書きたくなる。
 

まとめ?

 
どちらもいい面があって、ぼくの文章力が足りてないだけですね。
見出しおかしくね?と気づいたら、その時点で修正すればいいし、本題から逸れた話題を書いたとしても、見出しを付けるときに取捨選択すればいい。
 
 
むしろ問題点は、ふたつのスタイルが混同してしまっていることのように思いました。
 
 
見出しを後から付けるつもりで書いているのに、途中で無意識に構成を考えちゃっているとか...
 
 
他のブロガーさんの記事を読んで勉強しよ。。。
 
 

結婚式前に大阪への異動辞令が発動。辞令は、断れない。

雑記 働き方

f:id:tatehito-st:20170307000323p:plain

はじめて、異動の辞令が出た。
 
辞令は、断れない。
受けるか、会社を辞めるしかない。
 
そんなときに感じたこと。
 

ヤバさしかない

 
詳しいことはまだ知りませんが、行く先は社内でも超大型プロジェクト。
とにかく忙しいというウワサだけは聞いている。
 
中には朝まで働いている人もいるとか、、、

というか、ぼくが付くことになる上司が朝まで働いてるらしい。ヤバイ匂いしかしない。

 

めちゃ急

 
「配属は3月から少しずつね」
「1ヶ月もしくは2ヶ月、大阪に行ってもらう」
「プロジェクト終わりは来年6月」
 
 
え?3月て今月ですけど?
しかも大阪?少しずつってなに?
 
 
先月結婚したばかりで、7月に挙式予定。
そんなときに大阪?
2ヶ月て言ってるけど、そんなヤバさMAXプロジェクトで本当に2ヶ月で帰ってこれんの?
 
今年は新婚旅行も行きたいんですけど...
 
 

辞令は、断れない。断るなら、辞めるしかない。

 
会社としては、人手が足りない。
だから異動になる。それはわかる。
 
でも
 
うーん
 
正直、行きたくない。
いまは、家のことと、自分のこと(ブログ)を優先したい。
 
 
行きたくないけど、行かなくちゃいけない。
 
 
行きたくもないところに、急に辞令が出る。
これは普通のことなんでしょうか?
 
 
異動したことないからわからん。
昔、おじいちゃんが1つの会社を辞めずに頑張ることが大切と言っていた。
 
 
そうなのか?
それがやりたいと思うことじゃなくても?
 
やりたいことができる会社ならいいけど、、
 
 
厳しい時代を超えてきた人には甘ったれとか言われるかもしれない。
 
 
でもなあ。。
 

稼ぐ力をつけないと

 
会社に所属する以上、従わなければいけないというなら、会社を辞めて、自分で稼がなければいけない。
 
 
会社以外で収入を得られるようになって、ああそうですか、じゃあ辞めます、なんてハッキリ言えるようになっとかないといけない。
 
 
でも、そんな忙しいプロジェクトに突っ込まれたら、そんな時間はないかもしれない。
けど、やらなくては。
 
 
危機感。
このままだと、やりたくないことを続けていく人生になってしまう。
 
 
 
そんなの嫌じゃ~。
 

kindle unlimited 登録して思ったこと。選択肢の多さは良いことばかりでもない

雑記

f:id:tatehito-st:20170304012352p:plain

 
kindle unlimitedってご存知ですか?
 
月額980円で電子書籍が読み放題になるサービスです。いまは30日無料キャンペーンやってるみたい。
 
読み放題といっても、すべての電子書籍が対象ではないようです。そりゃそーか。
 
1週間くらい前に登録して利用しているのですが、登録して思ったこと。
 

勧められても登録を渋ってた

 

ぼくはよく本を読みます。お金に余裕があればいくらでも読みたいんですが、財布と相談しつつ購入してました。
 
そんなに読むなら、kindle unlimited使えば?と奥さんに勧められたんですが、気が乗りませんでした。
 
kindle unlimited対象の本は多くなく、読みたいけど、読み放題の対象じゃないから読まない、みたいに、選択肢が狭まるのが嫌だったんですよね。
 

選択肢が狭まるのは悪いことばかりじゃない

 

で、結局登録したんですけど(笑)
 
登録して思ったのは、選択肢が狭まるのは良いことでもあるなと。
 
いまはネットで探せばあらゆる本が手に入ります。本だけじゃなく、あらゆる物が、あらゆるお店で。
 
そーするとなにをするかと言うと、いろんなお店を見比べ始め、もしかしたらもっと良い商品があるかもとか、安く売ってるかもしれないとかで時間かけて探しちゃう。
 
で、さんざん探した結果、100円安いものを見つけて購入。さて、その100円のためにどれだけの時間を費やしたんでしょう、、、
 

なぜ本屋に行くのか

 

この情報社会では、いかに選択肢を狭めるか、って結構重要なんじゃないかと思いました。
 
商品や価格の比較サイトが流行ってるのも、選択肢が多すぎるせいだと思います。
 
本屋によく行くのは、立ち読みがしたいからだけではない。
 
好きな本屋の書店員さんがどんな本を選んだかだったり、本屋の雰囲気を楽しみたいからです。
 
なので、物を買うときは出会いを大切にすればいいんじゃないでしょうか。
安いものをひたすら探して時間浪費するのは馬鹿馬鹿しい。
 

登録の決め手はたまたま読みたい本が対象になってたから

 

本の読み放題サービスから大袈裟なテーマで書いてしまいました。
 
ぼくがkindle unlimitedを登録することになったのは、奥さんに勧められ、たまたま読みたい本が読み放題対象になってたからです。
 
単純ですね。
 
でも、それでいい。
 
 
おしまい。
  
 

【おすすめ】初心者向け!トレーニングジムにエニタイムフィットネスを選んだ理由

筋トレ

f:id:tatehito-st:20170226235819j:plain

みなさんは日ごろ運動してますか?
 
俺は学生のころから人並みにはスポーツを続けてます。社会人になってからも、筋肉質な体系にあこがれてなんとなく筋トレをしてました。
 
ここ最近、仕事や結婚、引っ越しで筋トレできていなかったのですが落ち着いてきたのでジムに入会することにしました。数あるジムの中から、ネットや知り合いの評判を参考に、ジムを探しました。
 
選んだのは「エニタイムフィットネス」です。
 
ひと月通った感想を書いておきます。筋トレ初心者向けにおすすめできるジムですね。
 

自己紹介/このブログについて

 

自己紹介

基本スペック

・89年生まれ 169cm 男。170cmと言い張っている。
・既婚、子供なし
・出身:東京都のド田舎。学校の近くに牛いました。
・趣味:筋トレ、テニス、ゲーム
 
 結婚がきっかけで資産運用にも興味がでてきた。数字眺めるの楽しそう。
 

学歴・職歴

・学歴 東京の私大 経営学部卒
・お仕事 サラリーマン(システムエンジニア)たぶん、大手。 2012年入社
・職場 新宿
 
いわゆるレールに乗ってここまで来ました。
ふつうに進学し卒業し、ふつうに就活して就職しました。転職経験なし。
 

筋トレ歴

みなさん興味ないかもしれないが、筋トレ歴を書いておく。
 
・3年ほど(ジム通いの時期はほんの数か月・・・これから頑張る!)
・近所のエニタイムフィットレス通い
・ベンチプレス最大重量:まだやったことない。トレーナーに教えてもらってベンチプレスデビューしたい。
 

このブログについて(2017年2月現在)

 
テーマ、決まってないです
日々感じたことを書き、その中で軸になるテーマを見つけたいと思ってます。
 
2017年2月に結婚したので、とりあえずその経験を書いていきます。
筋トレの成果も書きたい。
 
ブログをはじめたきっかけはこちら(拙い文章ですみません・・・)
 
 

ツイッター

よろしければフォローお願いします。
記事投稿情報や、日々感じたことをツイートしてます。
 
アカウント:@khattori89

プロポーズから2か月で入籍 第1話(ほどよいプレッシャーをかけるべし!)

結婚生活 結婚日記

f:id:tatehito-st:20170226101040p:plain

 
2017年2月、入籍しました。
 
 
プロポーズしたのが12月末なので、2ヶ月弱で入籍に至ったのですが、
お互いの両親への挨拶、指輪の購入、引越の準備、結婚式場さがし、婚姻届提出まで
 
 
一気にやりました。
 
個人的な日記という位置づけで、
やったこと、当時考えたこと、精神状態(おおげさ?)を書き残しておこうとおもいます。俺の経験談になりますが、同じような境遇の方の参考になればうれしいです。
 
※このシリーズについて
自分向けの日記として俺の入籍話を綴ります。特殊な経験でもないですが、誰かの参考になれば嬉しい。
 
 

最初に俺たち夫婦の基本情報。

 
同じ会社の先輩後輩として出会いました。
俺は昔からスポーツをやってきました。彼女はどちらかというとインドア派。
 

89年生 東京都出身
システムエンジニア(会社勤め)
趣味はテニス、筋トレ、ゲーム
 

87年生 静岡県出身
システムエンジニア(会社勤め)
趣味は映画、ドラマ鑑賞(たぶん)、お茶(茶道部出身だからたぶん)
 
 

付き合ったのは2016年2月、入籍からちょうど1年前

f:id:tatehito-st:20170226101711j:plain

彼女のほうが2歳年上です。
年齢も踏まえて、付き合った当初から結婚を前提に考えているようでした。(付き合ったときにそう言われました)
 
 
正直、いまの奥さんと付き合うまではぼくは結婚についてそれほど真剣に考えていませんでした。結婚したいわけでもなく、結婚したくないわけでもなく・・・という感じ。
 
 
ですが、付き合ったのをきっかけに、考えるようになりました。年上と付き合ったらまあそうなるよね・・・
 
 
基本的に俺は流されやすい性格ですので。なんとなく、早めにプロポーズをしてあげたいと考えてました。なんとなくですが。
 

付き合って半年くらいのとき

付き合って半年くらいたったときです。
彼女に結婚したい、と面と向かって言われました。また、結婚をいつしようと思っているのか、と。
 
これにはびっくりしました。プロポーズではなかったと思いますが、こんなにハッキリ言われるとは。結婚したいと言われたとき、「いいよ」とも「やだ」とも答えなかったような気がします。
 
嫌なわけじゃなかったんですが、、、まあ、男の妙なプライドってやつですかね。
 
自分から言いたかったというか。結婚したいと言われたのも、家でゴロゴロしているときに軽い感じだったので、ここで軽く「いいよ」って言って結婚決まるのが嫌だったんだと思います。
 
ですが、これはいよいよ真剣に考えないとなあと思ったきっかけでした。
 

「ほどよい」プレッシャーをかけるべし!

余計なお世話かもしれませんが、付き合っている彼にプロポーズされたい女性に少しアドバイスを。
 
ぼくの奥さんは、自分から結婚したいとハッキリ言える人でしたが、その後、しつこくプレッシャーをかけられることはありませんでした。(すくなくとも、俺はそう思っています)
 
 これが、結果的にプロポーズにつながったんだと思います。
 
 
結婚したいと言われたとき、俺の反応は鈍く、彼女からしたら、想いが伝わったかな?真剣に考えてくれているのかな?と不安になったんだと思うんですよね。
 
 
でも、彼女はそんな素振りを見せることはありませんでした。
 
 
もし、しつこくプレッシャーをかけられていたら、俺としては
「いま真剣に考えているんだからほっといてよ~!」となってしまい、プロポーズしていなかったかもしれません。
 
 きっかけを与えて、あとは信じて待つ。がよいと思います・・・
 
 

 10月ごろから仕事でトラブル発生。メンタル\(^o^)/の状況に

f:id:tatehito-st:20170226101741j:plain

奥さんの誕生日が11月なので、誕生日にプロポーズするのがいいかと考えていました。
 
しかし
 
仕事でトラブル発生。お客さんに毎週のように怒られる毎日。深夜退社が当たり前の状況に。このときのメンタルはなかなかやられており、余裕がまったくありませんでした。
 
プロポーズをどうやってやるか、計画をたてようと思っても、こんなメンタルではイメージが一切浮かんでこなかったのでした。
 
 奥さんの家が職場に近く、頻繁に泊まらせてもらっていて、このときは半同棲をしてました。俺の帰りが遅くなると、夕飯をつくって待ってくれていてほんとうに助けられました。
 
彼女から結婚の話題を出すことはなく、気遣ってくれていると感じました。
 
 
プロポーズの計画はまったく立ちませんでしたが、このときのこの経験も、結婚を決断させたのでした。結局、誕生日にプロポーズはできませんでした。
 
 
彼女からしたら、誕生日にプロポーズを期待していたかも・・・と申し訳なく、せめて、いまの感謝の気持ちを伝えたいと思い、手紙を書きました。
 
 
手紙は気持ちを伝えるのにすごくいいツールだと思います。特別感がでるし、自分でペンで書くことで思いが込められます。
 
書くことで、自分の気持ちの整理にもなりました。改めて、感謝しなければ・・と。
 
 
そんなこんなでプロポーズできず、仕事が落ち着いてきたころには、12月を迎えてしまったのでした
 
 
プロポーズ編その2につづく・・・