tatehito's diary

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遊びたいのだが。

遊ぶように遊び、遊ぶように働き、遊ぶように生きたい。

【おすすめ】初心者向け!トレーニングジムにエニタイムフィットネスを選んだ理由

筋トレ

f:id:tatehito-st:20170226235819j:plain

みなさんは日ごろ運動してますか?
 
ぼくは学生のころから人並みにはスポーツを続けてます。
社会人になってからも、筋肉質な体系にあこがれてなんとなく筋トレをしてました。
 
ここ最近、仕事や結婚、引っ越しで筋トレできていなかったのですが
落ち着いてきたのでジムに入会することにしました。
 
選んだのは「エニタイムフィットネス」です。
 
ひと月通った感想を書いておきます。
筋トレ初心者向けにおすすめできるジムですね。
 
 

なぜ「エニタイムフィットネス」を選んだか?

 

f:id:tatehito-st:20170226235747j:plain

ずばり「近いから」

 
はいまずこれ。
いきなりエニタイムフィットネスはあまり関係ない理由ですが・・・
 
 
筋肉はとにかくかまってちゃんなわけですから、
大きくしたければ継続が必要不可欠です。
 
なので、なによりも継続しやすい環境を重視します。
とにかく優先すべきは「近いこと」
 
 
ぼくの場合は、家から徒歩3分です。近い!!!
ストレス解消に腹筋してえ!!!ってときもすぐに腹筋をかまってあげられます。
 
おすすめは「家から」近いことですが、
「職場から」「駅から」近いジムでもいいかと思います。
 
 
要はアクセスするのにハードルが低ければいいです。
 
 

24時間営業!いつでも筋トレできる!

 
次はこれ!
24時間いつでも、そして回数制限なくトレーニングが可能!!
 
 
前述の「近い」との相乗効果が抜群です。
 
 
近くて24時間営業。
いつでも、さくっと筋トレできる。
家でPC作業していて、気分転換したいときとか、さくっとトレーニングできるんです。
 
 
回数制限もないから、10分だけでもOK。
 
遅くまで働いている企業戦士たちもおすすめ。
 
 
どんなに残業で帰りが遅くなった日でも、
エニタイムフィットネスのマシンたちはぼくたちの筋肉を優しく受け止めてくれます。
 

受付なし・外履きOK!

 
これが意外といいです。
 
 
受付が必要なく、契約時に渡されたセキュリティキーをかざすだけで入室可能。
トレーニングシューズであれば、外履きから履き替える必要はありません。
 
 
ぼくの場合、
家でトレーニングできる恰好に着替え、
持ち物はドリンクとプロテインとタオルとセキュリティキーのみ。
 
トレーニングが終わったらすぐに帰宅し、家でお風呂に入ります。
(シャワールームも完備していますので、シャワーをあびてから帰宅も可能)
 
 

安い

 
つづいてお値段。安い!!!です
 
 
大手トレーニングジムは回数制限なしのプランだと大体1~1.5万円くらいですが
エニタイムフィットネスは1万円以下。※店舗によって異なります
 
 
ぼくの店舗は月7000円です。
 
時間や回数を気にせず、このお値段はかなり安い。
 
 
大手でも月2回までなど制限を設ければ安く抑えることが可能です。
が、個人的には回数制限は設けるべきではないと思います。
 
なぜならいつ筋肉がトレーニングを欲するかわからないから!!(謎)
 
 

物足りない点

 
反対に物足りないと感じている部分も挙げておきます。
 
 

パーソナルトレーナーがいない

 
エニタイムフィットネスはマシン中心のジムなので、
一度マシンの使い方を覚えてしまえば、だれでもトレーニングができます。
 
が、フリーウェイトトレーニングもできます。
フリーはぼくもあまりやったことがなく、やり方がよくわからんし、ケガもしやすいと聞くのでトレーナーに教わりたい。
 
 
残念ながら、僕の店舗にはトレーナーさんがいません。
ただ、店舗によってはトレーナーさんにコーチをお願いできるようです。
エニタイムフィットネスは他店舗も利用可能なので、他店舗契約でもコーチしてもらえるか、試してみようと思います。
 

フリーウェイトが少ない

 
フリーウェイトトレーニングのスペースが少ないです。
平日の定時後といった混み合う時間帯は、待ちが発生することもしばしば。
ぼくはまだマシン中心のトレーニングですので、この点についてはあまり気になってはいませんが。
 

セキュリティキーがでかい

 
入室用のセキュリティキー。
これがでかい。
 
 
受け取ったときの第一印象は、でかい。
 
こちら。正面。

f:id:tatehito-st:20170226234534j:plain

真横。

f:id:tatehito-st:20170226234607j:plain

 
厚みがあって結構かさばるんですよね。
なぜカードタイプにしなかったのか・・・
一応、ストラップがつけられるようにはなってますが、持ち歩きにくいです。
 
 
失くしそうだし・・
 
 
みなさんどうやって管理しているのでしょう・・
ぼくはトレーニング用のカバンに入れっぱなしです。
 

どんな人におすすめか

 
繰り返しになりますが、継続するコツはジムに通うハードルを下げることです。
エニタイムフィットネスは
 
・安い
・いつでも行ける
・マシン中心だから簡単
 
といった理由からトレーニング初心者におすすめできます。
ハードルが低いので、まずはここから初めて
筋トレを習慣づけて、楽しくなってきたら別のジムに乗り換えをするといいと思います。
 
ぼくはベースになる筋肉がついたら
フリーウェイトトレーニングが充実しているジムに変えようと思っています。
 
 
ゴリゴリの筋肉自慢たちがベンチプレスとかするのを見てると
ぼくのようにフリーウェイとやってみたい!となるはずです。
 
 
 
マシントレーニングは簡単ですが、どうしても飽きるんですよね・・・
フリーやると筋トレしてる感がでて妙に楽しいです。
これがかの有名なホルモンのテストステロンってやつですかね・・・・
 
 
ぼく、この人大好き。

twitter.com

 

筋トレが最強のソリューションである マッチョ社長が教える究極の悩み解決法

筋トレが最強のソリューションである マッチョ社長が教える究極の悩み解決法

 

 

 
筋肉がダンベルを欲しはじめたのでこの辺で。
 
 
おしまい