遊びたいのだが。

書評書いてます。遊ぶように遊び、遊ぶように働き、遊ぶように生きたい。

kindle unlimited 登録して思ったこと。選択肢の多さは良いことばかりでもない


f:id:tatehito-st:20170304012352p:plain

 
kindle unlimitedってご存知ですか?
 
月額980円で電子書籍が読み放題になるサービスです。いまは30日無料キャンペーンやってるみたい。
 
読み放題といっても、すべての電子書籍が対象ではないようです。そりゃそーか。
 
1週間くらい前に登録して利用しているのですが、登録して思ったこと。
 

勧められても登録を渋ってた

 

ぼくはよく本を読みます。お金に余裕があればいくらでも読みたいんですが、財布と相談しつつ購入してました。
 
そんなに読むなら、kindle unlimited使えば?と奥さんに勧められたんですが、気が乗りませんでした。
 
kindle unlimited対象の本は多くなく、読みたいけど、読み放題の対象じゃないから読まない、みたいに、選択肢が狭まるのが嫌だったんですよね。
 

選択肢が狭まるのは悪いことばかりじゃない

 

で、結局登録したんですけど(笑)
 
登録して思ったのは、選択肢が狭まるのは良いことでもあるなと。
 
いまはネットで探せばあらゆる本が手に入ります。本だけじゃなく、あらゆる物が、あらゆるお店で。
 
そーするとなにをするかと言うと、いろんなお店を見比べ始め、もしかしたらもっと良い商品があるかもとか、安く売ってるかもしれないとかで時間かけて探しちゃう。
 
で、さんざん探した結果、100円安いものを見つけて購入。さて、その100円のためにどれだけの時間を費やしたんでしょう、、、
 

なぜ本屋に行くのか

 

この情報社会では、いかに選択肢を狭めるか、って結構重要なんじゃないかと思いました。
 
商品や価格の比較サイトが流行ってるのも、選択肢が多すぎるせいだと思います。
 
本屋によく行くのは、立ち読みがしたいからだけではない。
 
好きな本屋の書店員さんがどんな本を選んだかだったり、本屋の雰囲気を楽しみたいからです。
 
なので、物を買うときは出会いを大切にすればいいんじゃないでしょうか。
安いものをひたすら探して時間浪費するのは馬鹿馬鹿しい。
 

登録の決め手はたまたま読みたい本が対象になってたから

 

本の読み放題サービスから大袈裟なテーマで書いてしまいました。
 
ぼくがkindle unlimitedを登録することになったのは、奥さんに勧められ、たまたま読みたい本が読み放題対象になってたからです。
 
単純ですね。
 
でも、それでいい。
 
 
おしまい。