遊びたいのだが。

方向性が定まらない迷走ブログ。

『ナイツクロニクル』プレイ感想!全モード解放までやってみた【3/2リリース】

f:id:tatehito-st:20170308151602p:plain

  

以前、『セブンナイツ』というスマホゲームを友人たちとプレイしていたのですが、セブンナイツの運営会社である「Netmarble」から新作RPGがリリースされました。

その名も『ナイツクロニクル』。

 

仕事や家庭で自分の時間はあまりないのですが、セブンナイツ同様、高品質なグラフィックに惹かれ、思わずダウンロード。

 

時間ないなーとかいいつつ、これがめちゃ面白い。全モードが解放されるまで一気にプレイしちゃいました。 

 今回は、ナイツクロニクルの魅力とプレイ感想を紹介します。

 

 

『ナイツクロニクル』ってどんなゲーム?

 

グラフィック、ゲームシステムすべての完成度が高いスマホRPG!

「Netmarble」という会社からリリースされたスマホゲームです。

Netmarbleの代表作は『セブンナイツ』というゲーム。ぼくもたくさん楽しませていただいています。本作品は、セブンナイツのゲームシステムを取り入れつつ、進化させたターン制バトルのRPGです。

 

プレイして受けた第一印象は、グラフィックがすごく綺麗!キャラクターはぬるぬる画面を動き、戦闘での演出もド派手なものになっています。

 

スマホゲームのストーリーモードって、なんとなくないがしろにされているような気がするんですが、みなさんどうでしょうか。ぼくもいままでプレイしたスマホゲームでは、重点を置くのはストーリーモードよりもキャラクターの強化・進化や対人戦でした。

そんなぼくでも、読み飛ばすことなくストーリーが楽しめています。もちろんフルボイス。

 

そして肝心のバトル。

セブンナイツは完全オートバトルでしたが、本作品はターン性バトル。セブンナイツでもあった状態異常やバフ・デバフなどの要素を残しつつ、ターン制になったことでより戦略的になりました。特に、アリーナモード(対人戦)では行動順を意識することが重要になります。

ターン制ですが、オートモードにすることもできます。

 

【タイトル】ナイツクロニクル
【対応OS】iOS/Android
【配信日】2017/3/2
【ジャンル】ターン制RPG
【運営会社】Netmarble
【価格】基本無料
【公式サイト】http://knights.netmarble.jp/   

 

ナイツクロニクルこんなところが魅力的!

グラフィックが綺麗!ぬるぬる動く!スキル演出が派手!

f:id:tatehito-st:20170308151804p:plain

 こちらがナイツクロニクルのメニュー画面です。でっかく女の子が迎えてくれます。ぬるぬる動いてます。綺麗。

 

f:id:tatehito-st:20170308151802p:plain

女の子をタップするとコメントを返してくれます。ぐへへ。

こちらもフルボイス。

 

f:id:tatehito-st:20170308151757p:plain

f:id:tatehito-st:20170308151758p:plain

 続いて、こちらはバトルでのスキル演出です。

スマホゲームでこれだけのクオリティが出せるようになったんだなあ・・としみじみ。演出の尺は長く、周回プレイではストレスかも・・・と思いましたが、デフォルトで演出をスキップするよう設定することが可能です。

 

このグラフィックの良さは画像と文字では伝わらないので、ぜひプレイして確かめてください。

 

 ※こんなスキルも

f:id:tatehito-st:20170308151801p:plain

バトルの奥が深い!スキルと状態異常を使いこなせ!

セブンナイツでもそうでしたが、数多くの状態異常やスキル効果があるようです。一般的なRPGでは見かけない状態異常をご紹介。

 

<出血>

ターン経過毎にダメージを受けます。出血の状態が終了しない限り解除できません。

 

<中毒>

ターン経過毎に一定量のダメージを受けます。また、回復スキルを受けるとダメージを受けます。

 

<烙印>

受けるダメージが一定量増加します。

 

<追放>

一定ターンの間、対象を別次元に追放します。バフとデバフの効果が解除され自分も攻撃ができなくなります。

 

追放とは・・恐ろしや

あと、命中率、回避率というステータスがあり、結構な頻度で攻撃をよけられたのが印象的でした。演出の入るスキルですら避けられることがありました。

 

オートモードあり!「ながら」ゲームできる!

最近のスマホゲームでは一般的になりつつありますが、オートモードですね。ターン制になってもオートを導入してくれたのはありがたいです。いまも、ブログ書きながらオートで戦闘してもらってます。

 

全モード解放されるまで遊んでみた!!

ゲーム開始時は、アリーナやスペシャルダンジョンなどが解放されていません。

全モード解放されるまでプレイしてみました。

 

 チュートリアル~初ガチャまで

もはや常識ですが、開始してすぐにチュートリアルが始まります。チュートリアルの途中でガチャ1回引くことができます。

 

メニュー画面から初ガチャが引けるまでは約20分くらいだったかと思います。いまゲームを始めれば、200ダイヤもらうことができます。20ダイヤでガチャ1回。200ダイヤで10連+おまけ1回のガチャができます。

さらに10連は☆5キャラが確定で出る。(現在、☆6が最高ランク)

 

ということで、さっそく10連してみました。 

 

f:id:tatehito-st:20170308151754p:plain

 

・・・・。

えーと。人・・かな?

 

セブンナイツでは、人以外のキャラはゴミすべて弱キャラでした。納得いかなかったので、人がでるまでリセマラすることに。

 

f:id:tatehito-st:20170308151755p:plain

リセマラ4回目にして☆5の人キャラがでました。人キャラは出にくくなっている??

ちなみに、「白の騎士団」という肩書のついているキャラクターたちが当たりのようです。詳しくは攻略サイトさまを見てみてください。

 

ストーリーダンジョン

前述しましたが、ストーリーはすべてフルボイスです。とっつきやすい、面白いストーリーになっています。

 

各モードは、ストーリダンジョンをクリアすることで解放されます。

 

エリア2-1クリア:スペシャルダンジョン解放

エリア2-6クリア:アリーナ開放

 

ナイツクロニクルはスタミナ制ですが、ランク上昇時にスタミナが回復するので、ぶっ続けで2-6までクリアすることができます。強い助っ人を連れて行けば、キャラの強化も不要です。

 

タウン・ギルド

f:id:tatehito-st:20170308151800p:plain

タウンは、ランク7に到達すると解放されます。上の画像が、タウンです。

定期的にゴールドを回収できる鉱山や、アイテムをゲットできるルーレット、アイテムを購入できるショップといった施設があります。ランクが上昇すると、各施設をグレードアップすることができます。

 

『白猫プロジェクト』のように、自分で施設を配置するようなゲームもありますが、そういったカスタマイズ性は求めてないので、個人的にはこちらのほうが良いですね。

 

ギルドシステムもあります。ギルドに所属すると、攻撃力や防御力といったステータスにボーナスがつくようです。ランキング上位に入るには、強いギルドに入ることも重要になってきそうです。

 

スペシャルダンジョン(マルチプレイ)

 

f:id:tatehito-st:20170308151807p:plain

 スペシャルダンジョンでは、キャラクターの強化素材や、進化素材をゲットできます。現在は、イベントのポイント獲得ができるダンジョンも解放されています。

 

そして、スペシャルダンジョンはマルチプレイが可能!です。5人1パーティでダンジョンに挑みます。マルチプレイだと、ゲットできる素材の数が増えるといったボーナスがあります。上の画像はマルチプレイのパーティ選択画面ですね。

 

何回かマルチプレイをやってみましたが、参加しようとしてもすぐにパーティが満員になってしまい、なかなか参加ができませんでした。

 

それだけ人気ということですね・・(ポジティブ)

 

アリーナ

f:id:tatehito-st:20170308151806p:plain

最後に、アリーナモードです。セブンナイツ同様、メインのモードになる予感。ほかのプレイヤーのパーティと戦うモードです。一週間の成績によって、翌週もらえるダイヤなどの報酬量が決まります。

 

セブンナイツでは自動マッチングでしたが、ナイツクロニクルは選択方式です。といっても、自動的に選ばれたリストの中から、選択します。上記画像が選択画面です。

 

選択前に相手の「戦闘力」を確認することができ、勝てそうな相手もいれば、勝てそうにない相手もリストにいます。リストを更新するには、時間経過か、ダイヤ5こを消費する必要があります。

 

まとめ

何度も言いますが、グラフィックに本当に惹かれました。個人的には、オートだけだったセブンナイツより、面白い!まだリリース直後なので、これからの運営にも期待です。多くのスマホゲームをプレイしてきた方にも、おすすめできるゲームになっていると思います。

 

ぜひ、プレイしてみてください。

ダウンロードはこちらから。公式サイト