遊びたいのだが。

方向性が定まらない迷走ブログ。

先延ばし癖を直したい。その心理と対策マインドを考えてみた

f:id:tatehito-st:20170411223426j:plain

やらなきゃいけないこと、先延ばしにしてしまうことってありますよね?やらなきゃいけないことどころか、やりたいことですら、全部やり切らずに辞めてしまったり。僕はもう先延ばしが癖になっています。あまりにも先延ばしにするもんだから、なにかの病気なんじゃないかなんて、病気のせいにしたくもなりました。

 

そんな自分が嫌になって、先延ばしをしている状況を振り返り、その対策を考えてみました。
 

毎度の先延ばしパターン

 
生命保険の見直しや、資産をどう運用していくか、家計を今後どう管理していくか決めよう!どうやって決めようかなあ。生命保険、解約が面倒だってよく聞くよな・・担当の人に連絡するのも億劫だ。そういえば、結婚式の招待状のデザインを決めなきゃいけないんだった。嫁の意見も取り入れながら決めないといけないし、デザインによって費用がかわってくるからその辺も考慮しないとなー。そろそろ新婚旅行の行先も決めないとな。早めに予約しないと航空券が手に入らないかもしれんし。
 
 
なんかやることたくさんあるな・・・。まずは、やることを整理して優先順位を決めなくてはこういうとき、どうやってタスク管理すればいいんだろ。ネットで調べてみるか。
 
 
へー、みんなはこうやって管理してるんだ。あ、この人は結婚式準備でこんなところが大変だったんだな。そーだよなー、結婚式まではなかなか自分の時間持てないよな。ブログ書く時間もないかも・・・。あ、もうこんな時間だ。時間限定クエストを消化して風呂入って寝よ・・・
 
 
これが毎度の黄金パターン。あれもこれも、と考えているうちに、どれから手をつけていいかわからなくなるそしていつの間にやらネットや本の世界に引き込まれ、なにから手を付けるべきかを調べ始める。そして世の中の手法を調べて満足し、結局行動を起こさないのでした。
 

先延ばしするために優先順位をつけていた

 
自分自身を振り返ってみると、自分が抱えているタスクをすべて明らかにし、把握し、順序よくこないしていきたい。という理想を持っているようです。効率的に、無駄なく行動するには、優先順位を明確にし、重要なことからやっていこう、と。この考え方自体は悪いことではないと思います。しかし僕は、行動を起こさない言い訳」として、「優先順位づけ」を利用しているようです。
 
 
「優先順位」をつける大切さは、みなさんもよくご存じだと思います。優先順位をつけなければ、より効率的に、重要なことを実行できない。そのとおりです。僕は自己啓発本にどハマりした時期がありまして、優先順位の重要性はたくさんの本で読みました。
 
 
本来、優先順位は「タスクを完了させる」ことを目的に設定するものです。しかし僕は「そのタスクに取り掛からなくてもいいようにする」ために、優先順位をつけようとしていました。タスクに取り掛かる前に、優先順位付けに取り組むことで、タスクを先延ばしにしているんです。そしてネットサーフィンなど関係ないことに意識が向き、結局なにもせずに終わる。僕にとって、「優先順位づけ」はやらない理由を探すための超優良なツールだったんです。皮肉なものです。
 

先延ばしパターンから抜け出すマインド

 
さて、この我が最強の王道パターンから抜け出すにはどうしたらよいか考えてみました。
 
 
冷静に考えてみる。「結局僕は何もしていない。」んだ。(こうも言い切ると我ながら笑えるが・・笑)優先順位をつけようとして、結局なにもできていないんだから。だから、そもそも優先順位をつける必要がないんだ。だって、優先順位つけてもどーせやらないんだもん。何もしてこなかったけど、こうして生きてるもん。だから何から手を付けるかとか、効率とか、一切考える必要ナシ。
 
 
優先順位至上主義から自分を解放する。ここから自分を変えていこうと思います。こんなマインドを身につけてしまったら、本当に重要なことを後回しにしてしまうかもしれない・・・と不安に思わないでもないですが。しかし大きく変えなければ、なにも変わらない。優先順位をつけない、これを強く意識していきます。
 
 

まとめ

 
先延ばし癖をWEBで検索するとたくさんのページがヒットしますし、このテーマで書籍も多く出版されています。それだけ、悩みが多いテーマなのだと思います。「先延ばし癖が改善しました!!」と自信もって言える日が来るのかわかりませんが、先延ばし癖と向き合っていきます。この癖があるだけで、本当に生きづらい。
 
それでは、今日は寝ることに集中することにします!
おやすみなさい!
 
 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村