遊びたいのだが。

遊びだけで生きていきたい人のブログ。

おすすめ記事 Pick Up!! --->>>

ハリオ式(円すい型)ドリッパーを使ってみた


  f:id:tatehito-st:20170724231922p:plain

 

 

 

珈琲が好きです。自分でハンドドリップした珈琲はもっと好きです。
 
趣味と呼べるのか呼べないのか、いやまあ趣味なんだろうけど、ちょっと前からハンドドリップにハマってます。ペーパードリップです。
 
器具にこだわりがなかったのですが、ずっと使っていたカルディのドリッパーに飽きてきたので新しいドリッパーを買うことにしました。カルディのオリジナルドリッパーは安っぽい軽くて使いやすいのですが、せっかくなので違うタイプのドリッパーを選んでみました。
 
カルディのオリジナルドリッパー
 

 

ドリッパーの主な種類。

超ざっくりまとめます。
ドリッパーのメジャーなメーカーは「カリタ」「メリタ」「ハリオ」「コーノ」の4つ。それぞれの特徴↓
 
カリタ:台形、穴3つ
メリタ:台形、穴1つ
ハリオ:円すい、穴1つ、リブ(溝)が全体に入っている
コーノ:円すい、穴1つ、リブ(溝)が下部にしかない

円すいに比べて台形のほうがお湯が落ちづらいので、酸味の少ない味になりやすい。
穴が少ないまたは小さいほうがお湯が落ちづらいので、酸味の少ない味になりやすい。逆も然りです。

もっと詳しく知りたい人「ドリッパー 違い」でググってみてね!丸投げ
 

材質による違い。

形状や穴の数による味の違いは上記の通りですが、そのほかのドリッパーの特徴として「材質」があります。主な材質としては「樹脂製」「陶器製」「磁器製」「ステンレス製」「銅製」「ガラス製」などがあります。
 
材質によって味は変わるのか?.....材質によって味は変わるようです。
なぜかというと、材質によって温度が変わるから。でも珈琲素人の僕にはそんな違いはわかりません。
 
素人にもわかる材質による違い....それは見た目。
陶器製の圧倒的なテンション。圧倒的なテンションて何だ。
陶器のほうがテンションあがる。ハンドドリップの魅力のひとつは、「ドリップしてる俺イカス~!」という自己満足感だ!!!
 

HARIO V60 (陶器製)を選択!

そして購入したのがこれだ!
 
ハリオは日本のメーカーですが、このドリッパーは海外でも人気があるようです。「スペシャリティコーヒー」というブームが起きていたとき、世界大会で使用され人気に火が付いたとのこと。
 
プラスチック製に比べて重みがあり、持っていてテンション上がる!実際にドリップしてみると、穴はひとつですが大き目で円すい型なのでお湯が落ちるのが早いです。
 

好みで選ぼう。

プロの方には怒られてしまうかもしれませんが、珈琲初心者は「テンションがあがるかどうか」で器具を選ぶのがいいと思っています。好みの器具で大好きな珈琲を楽しむ。こんなに幸せなことはありません。徐々に味にもこだわっていきたいな~~!